良いことして世界を変えよう!
ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト

pepsi

こうしたら世の中良くなるのに・・・でもお金がかかるから実現できない・・・なんて悩んでいる方のために、ペプシがビッグなプレゼント。

世の中を良くするためのアイディアに対し、毎月130万ドルを提供するという太っ腹な企画「ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト」をスタート。

健康、アート&カルチャー、食住、地球、コミュニティ、教育、の6つのジャンルに当てはまる良いアイディアに対し、アイディアを実行するための資金として、月々、5,000ドルを10人まで、25,000ドルを10人まで、50,000ドルを10人まで、250,000ドルを2人まで、最大計130万ドルを支援してくれるのです。
しかも、この企画は2010年1月から12月まで続くので、良いアイディアがたくさん集まれば、なんと総計1,560万ドルが支払われることに。

申請プロセスはいたって簡単。
良いアイディアが、6つのジャンルのどれにあたるのかを選び、そのアイディアを実行するためにいくらかかるのかを算出し、4つの金額コースで該当するものを選んで、「ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト」のウエブサイトから企画案を提出するだけ。
企画は具体的であればあるほどよく、画像やビデオなども提出可能です。

応募資格は、アメリカ在住の13歳以上であれば、個人でもNPOでも企業でもOK。
ただし、実行したい企画はアメリカ国内で行われるプロジェクトであること、資金を受け取った後1年以内に実行することが求められます。
もちろん、人や企業や物を害するもの、差別的なもの、ロビー活動、政治や宗教的なもの、タバコやドラッグ、武器や性的な活動に関与するものであってはならず、人を助けるためのプロジェクトでなくてはなりません。

第1回の応募期間は既に始まっており、締め切りは1月31日まで。
応募したアイディアは公開され、2月1日~28日まで「ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト」のウエブサイト上で一般投票が行われます。
応募者は、ユーチューブやフェイスブックなどネットワークを駆使して自身のアイディアを宣伝して構いません。

「ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト」は、単に環境・社会団体に寄付するのではなく、人々が自分の力で良いことをするためのお手伝いプロジェクト。
実際に行動に移すことで、環境や社会に対する意識も高まるし、毎月130万ドル分の良い企画が実践されれば、周りの多くの人にも影響を与えるはず。

ペプシコーラ自体が人々の健康や環境に良いわけではないかもしれませんが、こうした企画で人や地球に恩返し。
ペプシは今年、スーパーボウルのスポンサーを降りましたが、そこに費やしていた2,000万ドルの代わりにこうした形でマーケティングを行うのは、とっても賢い企業のお金の使い方ではないでしょうか。
多くの企業がこんな素敵なお金の使い方をするようになれば、世の中大きく変わるかもしれません。

Pepsi Refresh Project
ウエブサイト:http://www.refresheverything.com/

2010/01/16

  • ピックアップ記事
    新着記事

    最新記事をメールで購読