グリーンレストラン認証

Green Restaurant

環境にやさしいレストランであることを証明する、グリーンレストラン認証。

認証を行っているのは、グリーンレストラン協会という、1990年に設立されたNPO団体。

認証を得るためには、同協会が定めるさまざまな環境基準を満たさなければなりません。
基準は、以下7つのカテゴリに分けられています。

  1. 節水
    ・雨水の取水・再利用
    ・節水型シンクやトイレの使用 など
     
  2. 廃棄物削減・リサイクル
    ・ペットボトル、ガラスボトル入りの水の代わりに水道水を提供(こちら参照)
    ・トイレのペーパータオル設置なし
    ・顧客へのマイカップやマイボトルの利用推奨
    ・少なくとも週に一度、食品をフードバンクに寄付 など
     
  3. サステナブルな什器、建材
    ・什器や建材への廃材再利用、リサイクル素材・FSC認証済木材の使用 など
     
  4. サステナブルな食品
    認証済オーガニック食品やサステナブル認証済魚介類の使用
    グラスフェッドの肉の使用
    ・地元で採れた食材の使用
    ・ベジタリアン料理の提供  など
     
  5. 省エネ
    ・エアコン未使用
    ・窓やタンク、パイプの断熱
    ・自動制御照明の使用
    ・省エネ型厨房器具の使用
    ・再生エネルギーの使用 など
     
  6. 消耗品
    ・再利用可能な食器・カトラリーの使用
    ・リサイクル素材製の使い捨て食器・容器・紙の使用 など
     
  7. 有害物質、汚染の削減
    ・公共交通機関に近い
    ・自転車置き場の設置
    ・社用車へのハイブリッド、バイオディーゼル、電気自動車の使用
    ・揮発性有機化合物ゼロの建材使用
    ・オーガニック・サステナブル素材製の制服使用
    ・オーガニック花の使用
    ・有害物質未使用の石鹸、洗剤 など

各基準には点数が定められていて(環境負荷削減率が高いほど高得点)、基準を達成するごとに点数が加算され、必要最低限の点数を獲得すると、認証を取得できます。

グリーンレストラン認証には、新築・改築済レストラン、既存レストラン、イベントの3種類があります。
新築・改築済の場合は合計205点以上、イベントの場合は80点以上で認証が取得できます。
既存レストランの場合は、100点以上で2つ星、175点以上で3つ星、300点以上で4つ星と、3ランクに分かれています。

認証の種類に応じて、カテゴリごとの必須獲得点数も定められています。
たとえば、新築・改築済の場合には、店舗設計段階で環境負荷を削減できるので、省エネや節水、有害物質、建材などのカテゴリで高い点数が求められます。
一方、既存レストランの場合は、什器・建材カテゴリは0点でも構わないことになっています。

また、上記7カテゴリ以外に、以下の必須条件を満たしていなければなりません。

  • 包括的なリサイクルプログラムの実行
  • 発砲スチロールの使用禁止
  • 年次教育プログラムの実行
  • プラスチック、ガラス、アルミ、段ボール、紙、油のリサイクル、調理生ゴミのコンポスト

認証は毎年更新されますが、認証獲得後8年間は年10点ずつ、その後は年5点ずつ、毎年必要最低点が上がっていく仕組みになっています。
年を追うごとに、環境配慮型の機器や技術が新たに開発されているのだから、その分レストランも改良すべきという考え方に基づき、このような厳しい条件が設けられているのです。

レストラン側がこんなにも努力をしているのだから、わたしたち利用者も、積極的に「グリーンレストラン認証」マークがついているレストランを利用して、環境負荷削減に貢献しましょう!

Green Restaurant Association
ウエブサイト: http://dinegreen.com/

2012/01/27 訂正
2008/04/02

  • ピックアップ記事
    新着記事

    最新記事をメールで購読