フリーフーズ Freefoods

Freefoods

ランチに最適なオーガニックカフェ、フリーフーズ。

「eat. think. be organic.」をテーマに掲げる、デリバリーとケータリングが中心のこじんまりとしたカフェ。
イートイン・スペースは10人分程度しかありませんが、料理はおいしく、見た目もおしゃれ、そのうえオーガニックと、3拍子揃った店。

サンドイッチやサラダ、スープ、など定番デリメニューに加え、量り売りの日替わりフードバーも。

おいしいだけでなく、見た目の美しさがフリーフーズの特徴。
実はシェフのマシュー・ケニーさんは、ローフード・レストラン、ピュア・フード・アンド・ワインの共同創始者。
アートフードとも言われるピュアフードの料理を手掛けていたケニーさんですから、盛り付けがきれいなのも納得。

料理はほとんどがオーガニック。
75%程度がオーガニックとのことですが、これが現時点の市場で実現できる限界値。
魚などオーガニックになり得ないものや、時期によって市場でオーガニックが手に入らないものがあるので、100%にするのは難しいのです。
ただし、添加物は一切未使用。
肉も可能な限りオーガニック、入手が難しいときは放し飼いで育てたナチュラルミートを使用しています。

Freefoods

環境へのこだわりは、食品に留まりません。
パッケージには、生物分解可能なものを使用。
容器やフォーク・スプーンまで、とうもろこし原料のものを採用しています。
さらに、スタッフのユニフォームはオーガニックコットンTシャツ、店の建材も自然素材を使用しているほど。

ランチとしては少し高めの価格設定ですが、ベストな食材を使用しているので納得。
一度食べたらはまってしまうこと間違いなし!

Freefoods
ウエブサイト:http://www.freefoodsnyc.com/

2008/10/15

  • ピックアップ記事
    新着記事

    最新記事をメールで購読