ミツバチがいなくなると、食生活はどう変わる?

wholefoods share the buzz
(Image courtesy of Whole Foods Market)

世界各地で発生し懸念されている、ミツバチが突如失踪・死亡する原因不明の現象「峰群崩壊症候群」。

ハチがいなくなると何が問題なのか、あまりピンと来ないかもしれませんが、実は人類にとって死活問題。

私たちが食べている作物の75%は、ミツバチなど受粉媒介者の力を借りて栽培されているのです(米魚類野生生物局)。

そこで、オーガニックスーパーのホールフーズが、ミツバチがいなくなると私たちの食生活がどう変わるのか、店頭でデモンストレーションを実施。

乳製品コーナーで、ミツバチがいなければ販売できない製品を撤去したところ、棚はガラガラに。

同社は昨年も、野菜・果物売り場でデモンストレーションを行い、売り場にある商品の52%が撤去されるという結果になっています。

野菜や果物なら理解できますが、なぜ乳製品にも影響があるのでしょう。

ホールフーズによると、受粉媒介者であるミツバチがいなくなると、

  • 乳牛の餌となるアルファルファやクローバーが育たないため、乳製品の生産量が半減
     
  • ヤギや水牛などの餌となる草が育たないため、ゴートチーズやモツァレラチーズの生産量が減少
     
  • 果物を栽培できなくなるため、フルーツ味のヨーグルトの生産量が激減
     
  • チョコレートの原料であるカカオを栽培できなくなるため、アメリカで人気のチョコミルクの生産量が減少

するからだそう。

峰群崩壊症候群の原因はまだ特定されていませんが、ネオニコチノイド系殺虫剤の可能性が高いとされています。

今後もおいしい野菜や果物、乳製品を食べたければ、オーガニック食品を選び、生態系のことを考えてミツバチを守る活動を行っている食品店・レストランを支持しましょう。

Whole Foods Market
ウエブサイト:http://www.wholefoodsmarket.com/

2014/06/23

  • ピックアップ記事
    新着記事

    最新記事をメールで購読